8月のフランス・パリの天気と気温&服装・持っていく物

フランス天気と気温8月,パリの天気と気温8月,フランスの服装8月,パリの服装8月
湿気の少ない爽やかな8月のフランス。ニースなどの南フランスやリゾートビーチを除けば日本の避暑地のように木陰や建物に入れば涼しい程度の暑さで、朝晩は肌寒い日も多くあります。日本の夏に比べれば過ごしやすい季節。ただし太陽の日差しがとても強いので、日よけ用の帽子やサングラスは必需品となります。気温30度を超える暑い日は数日程度しかありませんが、短い夏という気候条件からクーラーの普及は極めて低く、公共交通機関のメトロはもちろんのこと、商店、レストラン、4つ星以下のホテルにはほとんどクーラーがありません。混雑するメトロ車内や窓・空調が少ない満席の小さなレストランでは、人の熱気で息苦しい暑さを感じることもあります。

8月の平均気温と降水量

都市平均気温最低気温最高気温降水量
パリ21°C16°C25°C8.2 mm
モンサンミッシェル20°C14°C25°C34.6 mm
ニース24°C20°C28°C12.2 mm
 東京27°C25°C31°C168.2 mm



パリの服装 8月
フランス・パリの天気・気温 服装8月アウター
 なし、又は薄手のカーディガン(朝晩のみ)
トップス
 キャミソール、半袖ニットソー、Tシャツ
ボトムス
 ミニスカート、ワンピース(袖なし、半袖)、ショートパンツ、七分パンツ、麻パンツ

 素足+サンダル
その他
 サングラス、帽子、ハット



8月のフランス旅行に持って行くと便利なアイテム
8月のフランス旅行に持って行くと便利なものUV対策グッズ
帽子、サングラス、日焼け止め

気温は低くて太陽の日差しがとても強いので日焼け止め、サングラス、帽子などUV対策グッズは必須です。家族旅行は子供用のUV対策グッズも必ず準備しましょう。

扇子、ミニうちわ
クーラーの普及が低くメトロ車内にはクーラーはありません。商店・レストランにもクーラーがないのが一般的。混雑したメトロ、熱気がこもった室内では扇子やうちわが大活躍してくれます。

薄手のカーディガン
8月でも朝晩肌寒い日が多くあります。脱ぎ着しやすい長袖の羽織りものが1枚あると便利です。

:::::こちらも合わせてご覧下さい:::::
モンサンミッシェルの天気・気温・服装8月




パリの服装チェック 8月
フランスパリ8月気温,フランスパリ服装,フランスパリ平均温度,フランスパリ天気

パリの服装 8月上旬

フランスパリ8月気温,フランスパリ服装,フランスパリ平均温度,フランスパリ天気

パリの服装 8月中旬

フランスパリ8月気温,フランスパリ服装,フランスパリ平均温度,フランスパリ天気

パリの服装 8月下旬



















●南フランスの気候と服装アドバイス
 プロヴァンス地方やコートダジュール地方

気候
地中海に面したニース、マルセイユなどがある南仏プロヴァンス地方やコートダジュールは、気温が日本より低くても太陽の日差しが大変強くとても乾燥しています。夏はリゾート地として国内・国外客を問わず人気があり海岸沿いのビーチは8月の間、大変な賑わいをみせます。

徹底したUV対策を!
ビーチ以外でも外出の際は必ずUV対策を行いましょう。子供連れの家族旅行なら、子ども用の日焼け止め、サングラス、帽子も忘れずに持参を。日焼け止め対策をしないまま長時間外出すると低温火傷のような状態(日光皮膚炎)になります。小さな子どもがいる場合は、日光が強い正午~16時までのビーチ滞在は避けてください。

火の始末に注意を!
乾燥地帯の南仏には、ぜひ訪れて欲しい美しい山や大自然が多くあります。夏になると野外バーベキューやタバコなどの火の不始末が原因で毎年山火事が発生しているので、野外、自然が多い場所での火の始末には充分に注意をしましょう。