星で分かるフランス・ホテルの選び方

フランスパリ,ホテル星ランク ホテル予約の際によく目にする星のランク。ホテル名の横に1つ星・2つ星…や星数「★★★★」で表記されていて、ネットでホテルを探す時にも、口コミ同様に参考情報として大いに役に立ちます。
このホテルの格付けは、平米数、バス・トイレの設備、フロント営業体制など、ランク基準がフランス政府で定められており、ホテルのエントランスにそのランクを現す指定看板を付けることが義務付けられています。


●ホテルの格付け 全6ランク


1つ星 ★
客室面積:
シングルルーム9m2 以上、ダブル・ツインルーム10,5m2以上 (バスルーム・トイレを除く)
客室設備:
最低7室の客室数、湯と水が出る洗面所が全室の25%以上ある
館内設備:
共同シャワールームがある、共同トイレが1フロアに1つある
フロント:
フロントオープン8時間以上

2つ星 ★★
客室面積:
シングルルーム9m2 以上、ダブル・ツインルーム10,75m2以上 (バスルーム・トイレを除く)
客室設備:
バス又はシャワー付き客室が全室の40%以上ある
館内設備:
クレジットカード清算可、新聞の館内設置、各フロアに1つは電話がある、共同シャワールームがある(客室にバス又はシャワーがない場合)、4階以上のホテルはエレベーターがある
フロント:
従業員が仏語と外語1カ国(計23カ国語)話せる、フロントオープン10時間以上

3つ星 ★★★
客室面積:
13,5m2以上(バスルーム・トイレを含む)
客室設備:
最低10室の客室数、バス又はシャワールーム、トイレ、電話、テレビ、テレビリモコン
館内設備: 
ロビースペース、インターネット回線設備(客室を除くロビー・受付フロア内)、3階以上のホテルはエレベーターがある 
フロント:
従業員が仏語と外語2カ国(計3カ国語)話せる、フロントオープン12時間以上

4つ星 ★★★★
客室面積:
16m2以上(バスルーム・トイレを含む)
客室設備:
エアコン、ドライヤー、ネット回線、テレビ国際放送
館内設備:
レストラン、2階以上のホテルはエレベーターがある、ポーターサービス
フロント:
フロント24時間オープン(客室が30室未満の場合は12時間以上オープン)

5つ星 ★★★★★
客室面積:
24m2以上(バスルーム・トイレを含む)
客室設備:
バスルーム、ルームサービス、金庫(セキュリティボックス)、バスローブ、ミニバー、バスルーム内の電話
館内設備: 
スイートルーム、コンピューター、ファックス又は印刷機、客室案内係り、駐車係員、1階以上のホテルはエレベーターがある
フロント:
従業員が英語を話せる、フロント24時間オープン

パラス PLACE
5つ星ホテルをすでに獲得しているホテルで、設備、サービス、営業実績などをもとに各分野の専門家が厳しい審査を行い、授与される最高級ランク

フランス旅行グッズ特集,パリ旅行トラベルグッズ特集,スーツケースネット販売宅



●ホテル選びのポイント!ランクが同じでも設備はホテルによって大きく違う
政府で定められているランクは基準の最低ラインです。実際のホテル設備は、ホテルの志向や市場の傾向により違うので、ランクが同じでもホテルにより大きく変わります。ホテル選びの際は、ホテル予約サイトやホテルのオフィシャルサイトで設備をチェックするとよいでしょう。

例えば、バスタブ

ランク規定では5つ星ホテルが条件ですが2つ星ホテルでもバスタブがあるホテルは沢山があります。5つ星と2つ星の違いは全室バスタブ付き一部の客室のみバスタブ付きかです。


4つ星なら全室の半分以上がバスタブ付きのホテルがほとんどです。絶対にバスタブが欲しいなら5つ星ホテル。できればバスタブが欲しい程度ならそれ以下のランクで充分です。自分の要望にあったランクと予算でホテル選びをするとスムーズです。下記はパリのホテル設備の現状です。合わせてご参考ください。

バスタブ
5つ星なら全室あり。4つ星で全室の80%程度、3つ星ホテルで全室の50%程度、2つ星で全室の10%程度バスタブ付き。
但しパリなどの都会では、シャワールームを希望するお客が増えてきているため、バスタブをシャワールームにリファームするホテルが増えてきています。

ドライヤー
3つ星ホテル以上ならほとんどドライヤーが客室に常備しています。2つ星以下はフロントでの貸出しタイプが多いようです。

インターネット
無線LAN(WiFi)が全室で使える3つ星ホテル以上のホテルが増えてきています。2つ星ホテルでもロビーで無線LANが使えるか、ケーブルLANでアクセスできるホテルもあります。

テレビ
2つ星以上なら客室にテレビがあります。国際衛星放送は3つ星以上、国際衛星での日本放送は4つ星以上。

冷房
3つ星以上にて冷房付きのホテルがありますが、全室完備のホテルは少ない。南仏や一部リゾート地以外は避暑地なので一般でも冷房は普及していません。

暖房
1つ星ホテルよりあります。ほとんどの場合が中央暖房式です。

金庫・セキュリティーボックス
大半の3つ星ホテル以上にて客室内にあります。2つ星ホテルはフロント管理の金庫に預けることが多い。

冷蔵庫
大半の3つ星ホテル以上にて客室内にあります。2つ星ホテルでも朝食会場に置いてある冷蔵庫で預かってくれることもできます。

フロントスタッフ
1つ星ホテルでもほとんどのホテルマンが英語を話せます。


●ホテル選びのポイント!清潔差もチェック
清潔なホテルかどうかは口コミ情報やホテルのオフィシャルサイトが参考になります。
口コミの感想は、人によってかなり異なり国柄や性別によっても感覚が違うので国柄、性別、年代などが似ている人の感想と投稿写真を見るのがよいです。また、ホテルのサイト内にある「○○年に内装をリニューアルしました」という文句も参考になります。