万能すぎるフランス製鋳物ホーロー鍋!ルクルーゼ(Le Creuset)の種類や選び方、使い方、サイズ、人気モデル、レシピ

フランス製鍋,ルクルーゼ鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ,ルクルーゼ選び方,ルクルーゼ種類,ルクルーゼ使い方,ルクルーゼ鍋レシピ,ルクルーゼ鍋サイズ,ルクルーゼパリのお店

フランス製の鋳物ホーロー鍋「ル・クルーゼ Le Creuset」は、 世界のシェフ達にも愛用される料理ファン憧れのブランド鍋。煮る、蒸す、炊く、焼く、揚げるなどに適した万能鍋で、一つあれば色々な料理バリエーションが広がり、料理作りに重宝します。 ル・クルーゼ(Le Creuset)の特徴、種類、選び方や色バリエーション、 ル・クルーゼの使い方や洗い方、お手入れ方法などを紹介します。

鋳物ホーロー鍋とは

鋳物ホーロー鍋とは、メリット・デメリット

鋳物琺瑯鍋(いものホーローなべ)は、溶かした鉄を鋳型に流し込んでつくった物の表面にホーロー加工を施した鍋で、保温力が非常に高く、煮る、蒸す、炊く、焼く、揚げる、全ての加熱調理に適した万能鍋です。 鋳物ホーロー鍋は、基礎となる素材が金属のため、耐久性に優れており、 表面部分は、ガラス質コーティングなので、擦り傷、食材の匂い移り、カビ、湿気や高温にも強いのが特徴で、キッチンでの普段使いの料理はもちろん、アウトドア・キャンプでの野外での調理道具としても人気です。一方、鋳物ホーロー鍋は、金属素材のため他の素材の鍋に比べ重厚で重いため収納場所は、カウンター下や、キャビネットの下部分など、背の高い場所を避けて収納することを検討する必要があります。またほとんどの熱源に対応可能ですが、電子レンジだけは使用できません

地球・体に優しい 鋳物ホーロー素材

ホーロー(英語ではエナメル)の技術は古く、紀元前古代エジプトから、日本では飛鳥時代に伝わり、現在の鋳物ホーロー技術は、明治時代以降のもので、世界的に調理器具や医療機器、住宅のシンクなど幅広く使われおり、無機質で人の体に優しく、口の中に入れる食材を安心して調理できる素材として適切です。また最近では、調理器具でおなじみのテフロン加工の「テフロン」は、プラスチックの一種で、適切な使用をしないと健康への影響があることも分かってきており、「脱プラ」の一環としてテフロンから鉄や鋳物ホーローに調理器具を置き換える人も増えてきています。

ル・クルーゼ Le Creuset 鍋とは

ル・クルーゼ Le Creuset の特徴

フランス製鍋,ルクルーゼ鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ,ルクルーゼ選び方,ルクルーゼ種類,ルクルーゼ使い方,ルクルーゼ鍋レシピ,ルクルーゼ鍋サイズ

ル・クルーゼの鋳物ホーロー鍋は、フランスの自社工場で職人の手によって、 ひとつひとつ 丁寧に生産されており、世界のシェフ達にも愛用される料理ファン憧れのブランド鍋。 鍋本体は、鋳物に複数層のホーローを焼き付け研磨されています。長年の研究で進化してきたドーム型の蓋は、熱と蒸気が食材を包み込むように対流し、 蓋の3ヶ所から素材の雑味を逃がし均等に食材の旨味だけが残る仕組みです。

  IH、ガスなどの直火、オーブン、電熱コンロ、ハロゲンヒーター対応OK
  250度の熱まで対応(蓋のつまみを含む)
  電子レンジ対応NG
  食洗機対応OK

ル・クルーゼ Le Creuset 2種類の内部加工

フランス製鍋,ルクルーゼ鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ,ルクルーゼ選び方,ルクルーゼ種類,ルクルーゼ使い方,ルクルーゼ鍋レシピ,ルクルーゼ鍋サイズ

ル・クルーゼの鍋内部は2種類あり、少しザラザラしている黒い「ブラックマットホーロー」は、熱効率が良いため焼き付けに最適。もう1種類は、白くツルツルした「サンドホーロー」で汚れが落ちやすく、出汁の色や調理の様子が見やすいのが特長。

ル・クルーゼ Le Creuset 2種類のつまみ

フランス製鍋,ルクルーゼ鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ,ルクルーゼ選び方,ルクルーゼ種類,ルクルーゼ使い方,ルクルーゼ鍋レシピ,ルクルーゼ鍋サイズ

ル・クルーゼ鍋の蓋ツマミは、シルバーのステンレス製ツマミと、黒い樹脂ツマミの2種類。どちらも250度まで耐熱性があります。黒い樹脂は調理中に素手で触っても熱くありませんが、ステンレス製は調理中に素手で触ると熱くなります。ツマミだけの別売りもあり、後から取り換えも可能。マイナスドライバーで簡単に付け替えができます。

ル・クルーゼ Le Creuset の色、おすすめ人気色

フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

ル・クルーゼの鍋は豊富なカラー展開も魅力です。キッチンやテーブル、器に合わせてカラーコーディネートを楽しめます。長く使う鍋だから、自分が気に入った色を選ぶのが一番です!

おすすめ人気カラー
 オレンジ
ル・クルーゼが初めて販売した鍋の色で、ル・クルーゼのイメージカラーとして定着しているベストセラー色。暖か味あるオレンジ色は、食卓に置いてもテーブルを彩るアイテムにもなる。

 チェリーレッド
チェリーレッドはオレンジと並ぶ定番色。母国フランスでは一番人気のカラーで、濃厚な深みのあるグラデーションの利いた赤色は料理を美しく引き立てます。また、鍋のバリエーションが最も多く、同色でまとめてル・クルーゼ鍋を揃えたい方には、おすすめのカラーです。

 マットブラック
飽きのこないユニセックスなマットブラック。表面の傷や汚れも目立ち難くキャンプなどのアウトドアにも最適。家庭だけではなくプロの料理家にも愛されている色です。 

ル・クルーゼ Le Creuset のおすすめ人気モデル

Le Creuset ココット・ロンド

フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

ルクルーゼの鋳物ホーロー鍋を代表する「ココット・ロンド 」。色々なメニューに対応できる優れモノで、煮物、蒸し物、揚げ物、炒め物、炊飯まで、マルチに使えるロングセラー。 鋳物ホーロー鍋の愛好者なら1つは欲しい憧れのモデルで、やわらかな熱あたりで食材の旨みをゆっくりじっくりひきだします。

サイズ
 7種類(14~26cm)、2㎝ごとのサイズ区切り
 目安:1人分=14-16cm、2人分=16-18-20cm、3-4人分=20-22-24cm、5-6人分=24-26cm
 人気は、幅広く対応できる中サイズの20cm
 サイズに迷ったら、大きい方を選んだ方が◎

Le Creuset ココット・エブリィ

フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

和食に欠かせない煮込み料理や、汁物、ご飯などに最適な深さのある鍋「 ココット・エブリィ 」。底の丸いカーブにより対流を効率化することで踊り炊きが起こる設計となっており、炊飯に非常に適しています。煮込み料理やお味噌汁、スープ料理にもおすすめで、吹きこぼれ防止ができるインナーリッドもオプションで付けられます。

サイズ
 18cmサイズ、20㎝サイズ
 目安:18cmサイズ=2合炊き、20㎝サイズ=3合炊き
 1~2人なら18cm、3人以上なら20㎝サイズが使いやすい。

Le Creuset ココット・ジャポネーズ

フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

みんなで鍋を包む「鍋料理」にぴったりの高さの「ココット・ジャポネーズ 」。調理した後、そのまま食卓に置いても存在感があり、冬の鍋シーズンには大活躍するモデル。鍋料理以外にも、浅底鍋でリゾットやパエリア、茶わん蒸しなどの蒸し料理にも使いやすい。

サイズ
 ワンサイズの24㎝
 食卓で鍋をするなら3~5人分

鋳物ホーロー鍋・ルクルーゼの使い方・調理方法

煮る・蒸す・炊く

煮崩れなし! 時短で染み込む煮料理&蒸し煮
フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

煮る・蒸すの最強アイテム。煮崩れしらずで、 短時間で均一に火が通る

鋳物ホーロー鍋は、鍋の中で加熱する時にゆっくりと食材に熱が伝わっていき、煮崩れがし難く、火が均一に食材に通り、ムラがなく美味しく仕上ります。 また、 鍋蓋をして、密閉することにより短時間で丁寧に素材に味が染み込み、 密閉し熱で圧縮させることにより、食材自ら持つ水分だけで美味しく蒸し料理が完成します。

こんな料理に最適
  おでん、角煮、肉じゃが、ロールキャベツ
  カレー、シチュー、ポトフ、ポットロースト
  無水野菜蒸し、焼き芋、蒸鶏、アクアパッツァ
ふっくらご飯も炊ける
フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

旨みを閉じこめたふっくら鉄釜のご飯の味を短時間で実現。

鋳物ホーロー鍋は、昔ながらの鉄釜と構造が似ており、鍋底から大きな対流を生み出し、鍋全体でお米をムラなく加熱し、鍋全体がゆっくり均一に温まり、お米の芯まで水分がしっかり浸透し、一粒一粒にムラなく熱が伝わります。また、重い蓋で密閉された鍋の中は、旨みを含む蒸気でいっぱいになり、旨みを閉じこめ、ふっくらおいしくご飯が炊き上がります。

こんな料理に最適
  白米、玄米、雑穀米ご飯
  炊き込みご飯、リゾット、ジャンバラヤ

焼く・揚げる・オーブン

想像以上に活用できる!焼き&揚げ物
フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

ふっくら仕上がる炒め物&揚げ物

鋳物ホーロー鍋は、焼き物、炒め物にも活用できます。 鍋の保温力が高いため野菜や魚などをふっくらと仕上げるには最適。一方、パラパラ系チャーハンや強い火力でシャキッとさせたい中華には不向きです。また、揚げ物も火が均一に通りふっくらと揚げることことができます。鍋の深さも揚げ物にちょうど良く、少ない油で揚げ物ができ、蓋をして揚げることで油の飛び散りが減り、食材の中までしっかりと火が通ります。

こんな料理に最適
  野菜ソテー、魚の塩焼き、肉とキノコの蒸炒め
  から揚げ、竜田揚げ、野菜の素揚げ、天ぷら
料理の幅が広がるオーブン料理
フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

オーブンとの相性抜群。失敗しらずで簡単に食卓が映える

鋳物ホーロー鍋の定番レシピと言えば、煮込み料理と共に人気があるのがオーブン料理。食材の水分を逃さず焼けるので、中はふっくら、外はパリっと仕上がります。面倒に感じるオーブン料理ですが、 鋳物ホーロー鍋だと、失敗なくスピーディーで簡単に出来ると料理好きでハマる人も多い。オーブンで調理してそのまま食卓に出しても様になります。

こんな料理に最適
  パン、フォカッチャ、グラタン、スフレ
  ローストチキン、魚と野菜のオーブン焼き 

組み合わせ調理・スイーツ

無限に広がる組み合わせ調理!
フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

鍋ひとつで、組合わせ加熱調理に対応

いろいろな加熱方法に対応した鋳物ホーロー鍋の特徴を最大限に生かせるのが、組み合わせ加熱調理。カレーや肉じゃがのように「炒める→煮る」や、欧州風煮込み料理でも広く活用される 「煮る→オーブン焼き」、魚料理に活用できる「焼く→オーブン焼き」も鋳物ホーロー鍋ひとつで調理ができ、組み合わせ加熱調理で料理の幅が無限に広がります。

こんな料理に最適
  オニオングラタンスープ、カレー
  チキンのトマト煮込み、焼き豚チャーシュー
スイーツも作れる
フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ

高温→冷凍でスイーツも作れる

アイスクリームやゼリーなど、一度熱を加えてから、常温で熱を取って冷蔵庫や冷凍庫で冷やすスイーツは、 鍋ひとつで作れます。アイデア次第でマルチに活用でき、そのままテーブル映えするのも、鋳物ホーロー鍋のメリット。

こんな料理に最適
  アイスクリーム、ゼリー、プリン
  ケーキ、ムース・ショコラ
【関連】 ヨーロッパの食器・鍋・調理器具・キッチン用品に表記されている対応表示マーク

鋳物ホーロー鍋・ルクルーゼの洗い方、お手入れ

鋳物ホーロー鍋・ルクルーゼの洗い方、焦げてしまった時

フランス製鍋,ストウブ鍋,ルクルーゼ鍋,バーミキュラ鍋,シャスール鍋,鋳物ホーロー鍋の選び方,鋳物ホーロー鍋の使い方,鋳物ホーロー鍋の洗い方,鋳物ホーロー鍋おすすめ,鋳物ホーロー鍋のメリット・デメリット,鋳物ホーロー鍋レシピ
洗い方のポイント
 擦らず洗う
 研磨剤の入った洗剤は使わない
 汚れ落としは重曹が有効的
ル・クルーゼ鍋は、食器洗浄機で洗える

ルクルーゼの鋳物ホーロー鍋は食洗機で洗うことができます。鍋自体が重いので、割れやすいガラスやお皿と一緒に食洗機に入れて洗う場合は、他の食器に当たらない様に、しっかり固定して入れてください。

手洗いは、擦らずに洗う

手洗いの場合は、市販のスポンジと洗剤を使って水またはぬるま湯で洗ってください。研磨用の洗剤や金属性のスポンジはホーローに細かい傷が残るので使用は避けてください。

焦げ、頑固な汚れ、食材の色移りは重曹を使う

焦げが付いてしまった場合は、お湯に大さじ2~3杯の重曹を溶かし火にかけて、その後、火を止めて10分くらいおき自然に冷まします。冷めたら、柔らかいスポンジで洗います。頑固な焦げ付きの場合は、同じ行程を2~3回繰り返してください。
カレーやミートソースなど食材による色移りも、同様に鍋に重曹を加えた水を沸かし、しばらく放置してから中性洗剤とスポンジで洗ってください。色移りや汚れがひどい場合は、重層を水で溶かしペースト状にしたものをキッチンペーパーにつけて磨いても、きれいに落とすことができます。

鋳物ホーロー鍋・ルクルーゼのお手入れ、気を付けたいこと

木製やシリコンの調理用具を使う、湿気に気を付ける

鍋の内側に傷が付かないように、へらやおたまなどの調理器具は、木製やシリコン製を使うと、いつまでも新品のように長年愛用することができます。また鍋を洗った後は、十分に湿気を取ってから保管してください。湿気が気になる場所で保管する場合は、鍋と蓋の間に隙間を空け密閉状態を避けるか、蓋を外した状態で保管してください。

鍋にオイルをなじませる(シーズニング)お手入れ

焦げ防止のために、時々シーズニング(鍋に油をなじませる)のお手入れをするのがおすすめです。購入後使い始める前の1回と、鍋肌がカサカサして、以前よりも焦げが付きやすくなった時が シーズニングのタイミング・サインです。

  1. 洗浄後の清潔な乾いた鍋で、シーズニングを行います。
  2. 食料油(サラダ油、オリーブオイルなど)をキッチンペーパーやハケなどを使って鍋の内側全体に油を薄く馴染ませます。
  3. 鍋内部の淵なども忘れずに油を馴染ませてください。
  4. 油を馴染ませた状態で、鍋を弱火で3~5分間、加熱する。
  5. 軽く触れてみて熱いと感じたら火を止める。鍋から煙が出てきたら熱すぎなので火を止めてください。
  6. 火を消して、熱が冷めるのを待ちます。
  7. 冷めてくると余分な油が浮いてくるので、キッチンペーパーや布などで余分な油をふきとり、完了です。
  8. 水洗いなどせずに、そのまま保管してください。

ル・クルーゼ Le Creuset パリの専門店

LE CREUSET La Madeleine
ル・クルーゼ マドレーヌ店
| マドレーヌ寺院
住所: 14 Rue Tronchet 75008 Paris
メトロ: ⑧⑫⑭ Madeleine