パリのナイトショーへの服装コーディネートとマナー

パリのナイトショーへの服装とマナー
ヨーロッパの中で最もレベルが高いと言われているパリのナイトショー(仏語=キャバレー)は、ナイト観光として人気のスポット。華やかで美しいダンスや楽しいコメディーショーは一流エンターテイメントとして世界的に高い評価も受けています。そんなパリのナイトショーへの服装と知っておきたいナイトショーでのマナーをご紹介します。


●ナイトショーへの服装


ナイトショーへの服装には、エレガントな装いが鉄則です。観光客が多い場所とはいえ、カジュアルな服装は厳禁となります。

パリのナイトショーへの服装とマナー 男性
・ジャケット&ネクタイ
・スーツ


XXX 避けたい服装 XXX
・ショートパンツ、ハーフパンツ
・ジーンズ、デニム類
・Tシャツ、襟のないトップス
・スポーツシューズ、バスケットシューズ
・リュック、大きな鞄、スーツケース


パリのナイトショーへの服装とマナー 女性
女性らしいエレガントな装い
ワンピースやスカートで女性らしさを意識した洋服が好まれます。夜の華やかな会場なので、フォーマルよりも大胆なデザインの洋服や鮮やかな色合いのものを選びましょう。ヨーロッパのマダムは派手目の大きなアクセサリーなどを身に着ける方が多いようです。

XXX 避けたい服装 XXX
・カジュアルな服装
・ショートパンツ、ジーンズ、デニム類
・スポーツシューズ、バスケットシューズ
・リュック、トートバッグなどの大きなバッグ、スーツケース

::::: こちらも合わせて参照ください :::::
フランスのレストランへの服装・ドレスコード




●ナイトショーでのマナー
30分前には会場へ
入場への列待ちがあるので、ショータイムが始まる30分前には会場へ。お手洗いはショーが始まる前までに済ませておくのがマナーです。

大きな荷物、コートはクロークへ預ける
大きな荷物、冬のコート類は、入場後にあるクロークへ預けます。クロークへ預けるのが面倒な方は、予め小さめの手荷物で出掛けましょう。クロークは無料の場合がほとんどですがスーツケースなどの大きな特殊荷物は有料な場合もあります。また、預け荷物には貴重品を入れないように注意しましょう。

レディーファーストが鉄則
席までの案内は係員が行います。係員の着席の誘導や酒注ぎなど、全て女性が優先となります。ただし、シャンパンやワインの一番初めのテースティングは男性が行うのが一般的です。

ショータイム撮影禁止
ショータイム中の写真・ビデオ撮影は禁止となります。ショーの始まる前のディナー中は禁止されていませんので、ショーが始まったらカメラ・ビデオ類は速やかに鞄の中にしまいましょう。



●ショーの種類
パリのナイトショーへの服装とマナーディナーなし(ショーのみコース)
食事なしでショーのみを観覧するコースは、通常、21時頃から始まる1部ショーと23時頃から始まる2部ショーに分かれています。1部ショーの方が人気がありシーズンによっては満席になることも。曜日やシーズンにより2部ショーがない日もあります。
ショーには、1/2本分のシャンパンが含まれているものが一般的ですが、ショーによっては、ドリンクなしでリーズナブルな料金設定になっているコースもあります。

ディナー付きショー
食事付きのコースは、2時間ほど掛けてフルコースディナーを楽しみ、その後ショー(1部ショータイム)を観覧します。食事内容はショーにより様々ですが、ムーランルージュやリドーでは、有名シェフの一流フランス料理が食べられます。クレイジーホースは、ショー会場近くの著名レストランでの食事後に会場へ移動しショーを見るというディナー&ショーのセットコースになっています。



●パリの代表的なナイトショー
Moulin Rouge ムーランルージュ
フランスのナイトショーと言えば最も有名なムーランルージュ。有名なフレンチカンカンなどクラシックで美しいダンスやコメディーショーが見られる。
  ディナー付き 180€~ /ショーのみ99€~ 
  ムーランルージュサイト>>

Lido リドー
ヨーロッパ最大級の規模を誇るリドーのショーは、とにかくゴージャス!ダンサーの衣装や舞台仕掛けなど総合的な演出に定評があります。
  ディナー付き 160€~ /ショーのみ80€~
  リドーサイト>>

Crazy Horse クレイジーホース
体の美しさを表現したダンスやパフォーマンスは、エンターテイメントを超えた芸術作品。ほぼ同じ体型の美しい女性ダンサー達が行うチームパフォーマンスは必見です。
  ディナー付き 194€~ /ショーのみ85€~ 
  クレイジーホースサイト>>

※それぞれプロモーションの特別料金があるシーズンがあります。
※要予約制

VELTRA